【離婚で夫を断捨離した主婦のリアルブログ】子連れ、貯金なし主婦がリアルで体験した離婚の真相を激白!お掃除と断捨離が得意な主婦が、夫婦関係の断捨離を決断しました。離婚の裏側をセキララ公開中です!


【神対応?】加害者にならなくて済んだ!!義母のひとこと

【神対応?】加害者にならなくて済んだ!!義母のひとこと

スポンサードリンク

昔、娘がクラスの男の子に頭を蹴られて、
「大至急来てください」と学校から呼ばれた時の事です。

 

急いで脳神経外科を受診。
何事もなく、元気に育って大学生になりました。

 

頭を蹴った男の子は、
医療関係のキャリアウーマンの母を持つ、
ひとり親家庭の長男でした。

 

夜になって、お母さんと男の子が
謝罪に訪れました。

 

玄関口で私は、
「どうして頭なんか蹴るの?!」
「何かあったらどうするの?!」
と結構キツイ口調で、怒りを爆発させてしまいました。

 

そんな罪悪感から?かわかりません。

 

その後
なんとなく声が聞きたくなって、お義母さんに電話しました。

 

たぶん私は一緒に心配して欲しかったから?
電話したんだと思うんですけど、

 

お義母さんは
「気を付けなさい。
こちらが加害者にならないように。」
って言ったんです。
「え?」

そんな風に言われると思ってなかった・・・。

 

それで、
どうして男の子がそんなことしたのかを、
聞いてみると、

 

娘の「気持ち悪い」って言った言葉に逆上して、
胸を掴んで、押し倒して蹴ったんですって。

スポンサードリンク

だから、
彼の心は傷ついたままなんです。

 

娘の「気持ち悪い」は彼の心をえぐったの?!

 

そうさせた原因は、
娘にあった…と、
あちらは思っている訳ですきっと。
(言わないけど)

 

暴力はホントに駄目だし、
ましてや頭を蹴るなんて、
良くないに決まってるけど。

 

そしたら、
義母の言葉がぐんぐん私の胸に刺さって、

 

ちょうど一時間くらい経過したところだったので、
「あんたも謝んなさい。」
男の子に電話したんです。

 

「娘にも謝らせたい」と、あちらのお母さんに言いました。

 

「ごめんね」
「いいよ」

…だけ、だったんですけど。

 

すると、
「よく電話してくれました!本当に有難う!」
と男の子のお母さん。

 

私たちは、義母の一言で、
モンスターな加害者にならなくて済んだのです。

 

娘に何事もなかったから、
冷静な判断ができたのと思います。

 

義母の言葉で、
喧嘩の原因を聞いたのが早くて良かったです。

 

そんな相談が出来る義母でした♪

 

あの時、

 

娘の頭を守ったのは、
男の子の亡くなったお父さんだった気がします。

スポンサードリンク




Pagetop