【離婚で夫を断捨離した主婦のリアルブログ】子連れ、貯金なし主婦がリアルで体験した離婚の真相を激白!お掃除と断捨離が得意な主婦が、夫婦関係の断捨離を決断しました。離婚の裏側をセキララ公開中です!


  • 子供

娘を離婚の犠牲者にしない!涙で決めた親権の理由

娘を離婚の犠牲者にしない!涙で決めた親権の理由

 

親権をどうするか!

 

3月に大学生が旅立ち、手元には高校生の娘だけ残りました。

 

その頃、私は上の子の受験や引越しで、何日も留守にする日が続いていました。

 

seifuku2_sailor留守中、家政婦代わりに夫に使われた娘が、

 

嫌な思いをしたらしく、

 

「パパと暮らしたら、こないだみたいになる💦」と言いました。

 

 

「一緒に暮らさない?」と誘ってみましたが、

 

友達のいる「寮に入りたい。」と言いました。

 

娘が望むならそれも良いかも?とぼんやり思っていました。

 

ただ娘にはアレルギーがあったので、食事が心配でした。

 

ちゃんと対応してくれるのか?

 

食べる物はあるのか?が気になっていました。

 

夫は自分と暮らせないなら、寮という娘の選択を応援したがりました。

 

そして次の週にはふたりで寮を見学し、さっさと申し込んでしまったのです。

 

私は、あまりの早さに戸惑うばかり…。

 

そんな矢先、学校で担任の先生と話す機会がありました。

 

離婚する旨を告げて、寮でのアレルギー対応を聞いたとき、

 

「対応はいいかげんで、

 

アレルギーを分かっていない者が作る。

 

弁当も仕出し屋。

 

結局は毎日食べる物が無いだろう。考え直せ!」と言われのです。

 

それを持って帰って夫と娘に伝えました。

 

「見学した時の部屋はどうだった?」と娘に聞いたら

 

hikikomori_woman「暗かった」と寂しそうに言います。

 

「寮はやめたほうがいいんじゃない?

 

ママと暮らさない?」と聞いたら

 

「ママはなんでも私のせいにするから嫌。」と言います。

 

「ぐずぐずしていないで、さっさと離婚しなさいよ~。」と、離婚の背中を押したのは娘でした。

 

スポンサードリンク

 

私は「その言葉があったから決断出来た。」と、娘に話した事がありました。

 

娘は、言ってしまった言葉の重さを感じていたに違いありません。

 

「そんなことを気にしていたのか。」と胸が苦しくなりました。

 

「ごめんね。もう絶対に言わない。」娘に謝りました。

 

突然、娘は私のお腹にしがみついて、

 

「ママと暮らしたい!」そう言って赤ちゃんみたいに泣きました。

 

その晩、娘との出来事を夫に話しました。寂しそうでした。

 

「ご主人からキャンセルの電話がありましたよ。」

 

 

私が寮に電話を入れた時には、

denwa_kotei_woman

もうすでに夫から電話があった後でした。

 

アレルギーが私と娘を繋いでくれたと思いました。

 

ですから私は、彼女が自分から飛び立つ日まで

 

手料理で彼女を育てる事が出来ます。

food_hamburg

 

一緒に暮らす次女は私が親権を、

 

大学生の長女は夫が親権を、

 

それぞれ分ける事になりました。

 

長女は大学の長期の休みは、

asagao

私の狭い部屋に帰ってきて3週間過ごし、夫の所へは1泊して戻って行きます。

 




Pagetop