【離婚で夫を断捨離した主婦のリアルブログ】子連れ、貯金なし主婦がリアルで体験した離婚の真相を激白!お掃除と断捨離が得意な主婦が、夫婦関係の断捨離を決断しました。離婚の裏側をセキララ公開中です!


  • 子供

【離婚の約束】親権とは子どもを守るためにある

【離婚の約束】親権とは子どもを守るためにある

 

親権とは、「子どもと一緒に暮らす権利」と思われがちですが、

 

hair_musubu

「子供の利益を守るための権利」が正しい意味です。

 

「子どもの利益」を最優先に考えることが、

 

親権の考え方の根本です。

 

親権は、一緒に住む方が優先されます。

 

母親が親権を取ることが多いです。

 

まだ未熟な未成年に代わって、その利益を守るのが親です。

 

離婚する場合は、両親のどちらか片方が親権者になります。

 

shisyu親権を取れば、子どもを保護し、教育し、財産を管理し、

 

子どもに代わって決定を下せますが、

 

子どもの利益になるからこそ認められています。

 

子どもの利益を無視すれば、親権の乱用になります。

 

親権を決めないと離婚ができないので

 

話し合いで決められない場合は、

 

調停するか、裁判で決めなくてはなりません。

 

離婚前ですと、離婚調停

 

離婚後ですと、親権者変更調停を申し立てます。

 

親権の中には、一緒に暮らして面倒を見るという権利

 

監護権があります。

 

親権と監護権を別々に分けるケースがあります。

 

これも「子どもの利益になる場合」に限られます。

 

*親権には2つの要素がある

1.財産管理権money_bag_yen_edited

財産管理権

→子どもの代わりに財産を管理する。

 

子どもの法律行為に関する同意権

→子供がお金を使う事もののやり取りをを認める

 

身分行為の代理権

→通学や就職、結婚や改姓の際に子供に代わって法律的な手続きをする。

 

2.身上監護権

shitsuke懲戒権→子供が悪い事をしたら叱る

居所指定権→子供が何処に住むかを決める

職業許可権→子供が職業につく許可を与える

 

 

*親権者決定のルール

1.子ども一人一人に親権者を決める。

2.親権者を決めないと離婚できない。

3.子ども一人につき親権者はひとりだけ。

4.胎児の親権者には母がなる。

5.決定後も重大な理由があれば変更可能。

 

*こんな時どうする?

夫が勝手に親権者を書いて離婚届を出してしまった!

moyamoya_woman離婚届は記述ミスがなければ受理されます。

相手が勝手に書いたとしても

正式な離婚届とみなされるため、

親権も記載とおり夫のものになります。

変更するには、

親権者変更調停が必要です。

このような事態を防ぐために、

離婚届は自分が提出する形で取り決めておきましょう。




Pagetop