【離婚で夫を断捨離した主婦のリアルブログ】子連れ、貯金なし主婦がリアルで体験した離婚の真相を激白!お掃除と断捨離が得意な主婦が、夫婦関係の断捨離を決断しました。離婚の裏側をセキララ公開中です!


  • 外国の離婚

アメリカの養育費

アメリカの養育費

 

アメリカでは、夫婦の一方が離婚を求めれば、離婚が認められるので、
離婚事態が争われることはありません。

 
だからといって、夫婦間の感情的な争いや葛藤があると
養育計画に関しても養育費に関しても、合意が出来ないことが度々起こります。

 
アメリカでは、離婚が認められるためには
養育計画と養育費、面会交流の取り決めをしっかりと行わなければなりません。

 
そのために、離婚調停が行われることがあります。
別途費用がかかる調停となります。

 
ですが、こうした調停はほぼ一回で終わります。
部分的に合意した場合は、
その他の合意できない部分のみ裁判官が審理します。

 
アメリカでは州によって制度が異なりますが、
このような調停をとらない州もあります。

 
カリフォルニア州では、1980年代から行われています。

 
日本と比べて調停の回数が非常に少ないのが特徴で、

 
初回の調停までに夫婦それぞれに宿題として
養育計画を作成することが求められています。

 
各々が考えられてくる養育計画をたたき台にして、
中立的な調停者ひとりを介在させて、話し合いがもたれています。

 
このように裁判所の離婚調停は原則1回で、多くても3回くらいで終結します。
稀にそれでも解決できず、
裁判所外のカウンセラーや私設調停者に委託されることもあります。




Pagetop