【離婚で夫を断捨離した主婦のリアルブログ】子連れ、貯金なし主婦がリアルで体験した離婚の真相を激白!お掃除と断捨離が得意な主婦が、夫婦関係の断捨離を決断しました。離婚の裏側をセキララ公開中です!


  • 離婚の知識

3つの離婚方法ぷらす+

3つの離婚方法ぷらす+

 

離婚には、3つの方法があります。
協議離婚、調停離婚、裁判離婚です。

 

協議離婚は、
双方が合意すればどんな理由でも離婚出来ます。
調停離婚は、家庭裁判所に調停を申し立てて
(…といっても書類に記載するだけ)

 

双方の間に調停員がふたり入って、
仲裁をしてくれる有難い制度です。

 

そこで合意が出来れば離婚は成立します。

 

裁判離婚は、
どちらかが離婚に合意していない場合に
裁判によって、離婚を決定してもらうというものです。

この場合、
離婚原因が「法律で決められた原因」のどれかでないと、
離婚が出来ません。

 

そして離婚事由が、
事実であるとの証明をしなくてななりません。

 

さらに、離婚原因を作った方、
(法律用語では有責配偶者と言います)

 

協議離婚や調停離婚では、
有責配偶者の離婚請求でも、離婚が出来ますが、

 

裁判離婚の場合は、
離婚原因を作った有責配偶者からの離婚請求は、認められません。

 

ただし、長期の別居期間があり、
事実上すでに夫婦関係が破綻しており、
回復の見込みがないと思われた場合には、離婚が出来ます。

 

その条件としては、
①未成熟の子どもがいない事、
②相手が経済的、社会的、精神的に過酷な状況に置かれて「いない」など、
離婚請求を認めることが、
③著しく社会の正義に反していない事

などの条件を満たしていれば、
離婚が認められることがあります。

 

*また、裁判とまではいかなくても、
調停離婚が不成立となった場合、

 

裁判所が審判を下し、異議申し立てがない場合は、
審判離婚となり、離婚が成立します。

 

*また、裁判の途中でも、
和解が成立したり、
相手の条件を飲むなど、
和解離婚、認諾離婚が成立する事もあります。




Pagetop