【離婚で夫を断捨離した主婦のリアルブログ】子連れ、貯金なし主婦がリアルで体験した離婚の真相を激白!お掃除と断捨離が得意な主婦が、夫婦関係の断捨離を決断しました。離婚の裏側をセキララ公開中です!


  • 離婚の知識

離婚前、こっそり法律の知識を得る方法!

離婚前、こっそり法律の知識を得る方法!

仕事をしていないと「親権はもらえない」との間違った情報が

近所のママ友の間で飛び交っていました。

 

娘の友達の親は両親揃って医者でした。

ずいぶん前から離婚の話をしていると聞いていたので、

その中で出てきた「親権」の話。

しかも彼女は医師。

医師が言うんだからと、つい信じてしまったのです。

icon_medical_woman01

「仕事か~。」私は、大きなため息ばかりでした。

 

専業主婦を十数年やってきて、

親権が取れるまともな仕事を探すだけでも、

ハードルは高かったのです。

 

これが間違いだと、

図書館で「離婚の本」を読んで初めて知りました。

book_yoko

間違った情報に振り回されて何年も過ごしたのです。

1番のお勧めは「法テラス」の利用です。

当番弁護士が話を聞いてくれます。

 

曖昧なところに正しい知識を入れてくれます。

法テラスは、前年に収入がない主婦の場合は無料です。

 

収入制限があるので、高収入の人は無料では受けられません。

しかし夫の収入の制限はどうだろう?と聞いてみたら

本人(主婦)に収入が無ければ無料でした。

 

スポンサードリンク

 

ぜひ一度、法律の専門家に意見を聞くと良いと思います。

人のニセ情報に注意しましょう。

jitensya_hahako

「親権は経済力だけで決まらない。」という事実を知ってください。

 

hatsunetsu_kodomo

子供に母親の手が必要な時は親権をとれる!ことが多いです。

子供が小さい場合は特に!

(後の親権の変更は容易でなく、

「経済力をつけてから!」などど言っていないで、

このタイミングで親権をもらい、

夫からは養育費をもらう!!!ようにしましょう。)

 

監護養育権というのもあります。

子供を監護養育する権利というものです。

 

ただし「夫の協力があることが大前提」ですが、

「親権」を夫、「監護養育権」を妻で分ける場合もあります。




Pagetop