【離婚で夫を断捨離した主婦のリアルブログ】子連れ、貯金なし主婦がリアルで体験した離婚の真相を激白!お掃除と断捨離が得意な主婦が、夫婦関係の断捨離を決断しました。離婚の裏側をセキララ公開中です!


  • 味方

離婚の取り決めは、公正証書か調停調書にする!

離婚の取り決めは、公正証書か調停調書にする!

 

一番やってはいけないのが、口約束だけで離婚してしまう事です!

 

これは後々子どもが悲惨な状況に陥ったり、母子家庭の貧困を生みます。

 

saibanchou必ず!子どものため!と肝に銘じて

 

公正証書か調停調書を作成して

 

離婚するようにしましょう!!!

 

ここで言う公正証書は、

 

強制執行認諾の約款を付け加えたものを言います。

 

公正証書も調停調書もその効果はよく似ています。

 

養育費などの支払いが滞った場合に、

 

給与や財産を差し押さえが出来るということです。

 

強制執行する前に「払いなさい。」と促してくれるのが履行勧告であり、履行命令です。

 

この履行勧告と履行命令は、調停調書の場合のみです。

 

履行勧告、履行命令は、元妻が電話するより効果があります!

 

裁判所が言ってくれるのですから!

国家が味方!heart_small

 

ほとんどの支払滞納は、お金がなくてのこと。

 

履行命令を受けると、お金がないのに更なる罰金も課せられます。

 

では、公正証書と調停調書どちらがいいのか?

 

状況によって違いますが、

 

調停調書を作成するには離婚調停する必要があります。

 

調停申し立ての費用は、印紙1200円と郵便費800円と料金も負担が少ないです。

 

しかし調停は月に1度話し合いをするので、

 

離婚が伸びる可能性があります。

 

離婚が成立するのが半年~1年後というのがおおよその予想です。

 

公正証書は、ふたりの話がまとまってさえいれば、

 

公証人に書いてもらえば良いだけです。

 

*公正証書の手数料↓
記載する金額の合計に比例して高くなります。
●100万円以下の内容を記載する場合 5,000円
●100万~200万 7,000円
●200万~500万 11,000円
●500万~1000万円 17,000円
●1000万~3000万 23,000円
●多くは長期間に渡るため 30,000~40,000円くらい
●時には50,000円以上の事もあります

 

*長引くのは我慢できない方は→協議離婚→公正証書

 

*じっくり条件交渉をしたいならば→調停離婚→調停調書

 

ただし調停離婚でも、ふたりの間で

 

何も揉めることなく全てが決まっていれば

 

1回、2回で終了する事もありますので、

 

調停後1か月、2か月という速さで決着がつく事になります。

 

やるな調停離婚~♪

 

公正証書は金銭以外の効力はありませんが、

 

調停調書は金銭以外の事についても有効です。

 

子どもの面接交渉などを記載した調停調書は、

 

会わせてもらえなかった時に履行勧告をしてもらえます。




Pagetop