【離婚で夫を断捨離した主婦のリアルブログ】子連れ、貯金なし主婦がリアルで体験した離婚の真相を激白!お掃除と断捨離が得意な主婦が、夫婦関係の断捨離を決断しました。離婚の裏側をセキララ公開中です!


  • お悩み相談

「性格の不一致」が理由で離婚を切り出された

「性格の不一致」が理由で離婚を切り出された

 

夫が突然、「性格の不一致」を理由に、
離婚をしたいと言い出しました。

 

夫は、もうすぐ定年退職を迎える年です。
子供たちも既に独立しました。

 

夫によると、
「性格が合わないのを知っていたが、子供のために我慢してきた。
もう、その必要もなくなった。」と、離婚を強く望んでいます。

 

私は離婚せずに、このまま結婚生活を続けたいと思っています。
夫は、「性格の不一致は到底、修復できない」と、
離婚の意思を変えようとしません。

 

どうしたら良いでしょうか?

 

 

この場合、

 

協議離婚、または調停離婚の場合は、
ふたりの合意が出来ないと、離婚ができません。

 

あなたが承諾しない限り、離婚は認められません。
合意していないのに、離婚届にサインする必要はありません。

 

離婚したくない場合は、不受理申し立てを提出して
勝手に離婚されないように手をうっておきましょう。

スポンサードリンク

調停離婚になった場合でも、
「性格の不一致」以外の、
根も葉もない理由を相手が持ち出すことがないように、

 

話し合いの際の会話を、録音をしておくと良いでしょう。

 

裁判離婚の場合は、
「性格の不一致」という理由だけでは、
離婚が認められるケースは非常に稀です。

 

この事を、夫に告げて、
もう一度考え直して欲しいと
話し合ってみてはどうでしょうか?

 

しかし、
性格の不一致によって
お互いの人格が踏みにじられ、

 

夫婦関係の修復が不可能と判断された場合は、
過去に離婚が認められるケースがありました。




Pagetop