【離婚で夫を断捨離した主婦のリアルブログ】子連れ、貯金なし主婦がリアルで体験した離婚の真相を激白!お掃除と断捨離が得意な主婦が、夫婦関係の断捨離を決断しました。離婚の裏側をセキララ公開中です!


  • 手続き

よくわかる離婚手続き

よくわかる離婚手続き

 

協議→調停→裁判へ

 

具体的に離婚は、夫婦双方が離婚の意思を持ち、
双方が合意して捺印すれば、離婚が出来ます。

 

ふたりが合意すれば…簡単なのです。
ただ厄介なのは、そこにある感情です。

 

まず最初は、協議離婚の話し合いをします。
話し合いが持てない。
または、感情的になって話し合えない。
または、もう出て行ってしまって居ない場合、

 

家庭裁判所に
調停申し立てをします。

 

裁判所なんて(>_<)行った事もない。
私もそうでした。

 

行った事がなかったから、行ってみました。
地下鉄乗って下車してぐるっと歩いてみました。
地下鉄駅からは、5分くらいで行きやすい場所でした。

 

何でも親切に教えてくれます。
安心してください。

 

調停を申し立てるには、書類にサインをして提出します。
高額な料金はかかりません。事務手数料のみです。

 

裁判官と民間人の調停員がふたりの間に入ってくれます。
有難いことです。

 

調停ではふたりから話を聞いて、着地点を探します。
ここで合意出来れば離婚が成立します。

 

調停でも離婚が出来なかった場合は、
裁判で争う事になります。

 

これはお金がかかります。
弁護士さんが必要ですし、
離婚理由も離婚が認められる理由でなくてはいけません。

 

協議離婚や調停離婚では、離婚理由は問われません。
しかし、裁判の場合は法律で定められた5つの理由のどれかに該当しなくては、
離婚は認められません。

 

①不貞行為
②悪意の遺棄
③3年以上の生死不明
④回復の見込みのない強度の精神病
⑤婚姻を継続しがたい重大な理由

となります。




Pagetop