【離婚で夫を断捨離した主婦のリアルブログ】子連れ、貯金なし主婦がリアルで体験した離婚の真相を激白!お掃除と断捨離が得意な主婦が、夫婦関係の断捨離を決断しました。離婚の裏側をセキララ公開中です!


  • 離婚コラム

離婚したい私を決断させた小さな事件、御臨終そばの恐怖

離婚したい私を決断させた小さな事件、御臨終そばの恐怖

スポンサードリンク

嫌でした。ネガティブな塊みたいな人と一緒に暮らすこと。

business02_angry

気が付けば、いつも呪いの言葉を吐いていた夫。
だから、何をするにもつまらなくて。

 

もしネガティブじゃなかったら、
もう少しだけ優しかったら、

 

もし意地悪しなかったら、
別れなかったかもしれない???

 

隣に仲良くしている家族が住んでいました。
その家族に赤ちゃんが生まれて、

 

その子の成長を私たちも楽しみにしていました。
かわいい盛りで、やることなすことすべてが愛らしく癒される。

 

そのお付き合いの中で、
一緒にお蕎麦を食べに行くことになった日曜日。

 

夫に声をかけたら、案の定「行かない」と言いました。

toshikoshisoba

だから、お蕎麦を作って行きました。

 

「お蕎麦できたよ~」と言ったら、
夫は返事をしたのです。

スポンサードリンク

皆で楽しく帰ってきたら、
汁を吸った麺が、まるでメタボなミミズみたいになって
丼ぶりの中でとぐろを巻いていました。

 

その横には、カップラーメンの空のケースが
転がっていました。

woman_shock

とぐろを巻いた丼ぶりをよく見ると、
ど真ん中に垂直に刺さった箸!

 

ご臨終の時にやるあの箸です。
真っ暗な中に、
ご臨終の箸が立った丼ぶりが、怖かったー。

 

一言連絡してくれれば、
美味しい「そば寿司」買って帰ってくるのに。

 

いつもこんな感じでした。

 

夫は部屋に閉じこもって、出てくると毒を撒くのです。
言いたいことが言えない人だった。だから物にあたった。

 

彼の部屋のドアは可哀想だった。

 

あのドアを開ける度に、得体のしれない彼の怒りが、
押し寄せてきて私を包むのです。

 

なのに、私は自立する勇気がなくて、
離婚を決断できずにいたけど、

 

夫の怖さを感じる度、どんどん気持ちは決まって、
娘の独立を期に、背中を突かれた気がしていました。

 

もう、ふたりではいられないのだと。

スポンサードリンク




Pagetop