【離婚で夫を断捨離した主婦のリアルブログ】子連れ、貯金なし主婦がリアルで体験した離婚の真相を激白!お掃除と断捨離が得意な主婦が、夫婦関係の断捨離を決断しました。離婚の裏側をセキララ公開中です!


  • 離婚裁判

離婚裁判費用はいくらかかる?

離婚裁判費用はいくらかかる?

 

*弁護士費用*

 

昔は弁護士報酬の規定がありましたが、今は使われていません。

 

決まった料金はなく、各弁護士事務所が

 

自由に金額を決めています。

 

正確にどのくらいかかるかは、依頼してみなければ分かりません。

job_bengoshi

 

弁護士料金は、

 

着手金+報奨金+事務費です。

 

調査では、着手金が20万~40万

 

報奨金は20~50万に設定している弁護士が多いです。

 

また、着手金が少ないと報奨金を多くするという傾向があります。

 

費用の見積を貰ってから、納得した上で依頼すると良いでしょう。

 

*調査会社費用*

 

不貞行為(浮気)の証拠集めは高額です。

 

調査会社に依頼した場合、調査員の時給と成功報酬を支払うのが一般的です。

job_spy-crop

 

調査費は各社かなりの幅ががあります。

 

「この金額でここまで調べて欲しい」等と

 

自分なりの相場を決める、

 

あるいは「○○万円以内で」と指定する方法もあります。

 

*浮気調査以外の証拠集めはそれほどかかりません。

 

money_fly_yen

*勝訴で戻ってくる費用

 

「裁判に勝てば費用は相手が払う」とよく聞きますが、

 

裁判費用とは裁判にかかった費用全てという意味ではありません。

 

数万円程度の裁判所経費に限られています。

 

弁護士費用や証拠集めの費用はそこに含まれません。

 

また判決が下っても、「訴訟費用確定処分申し立て」をしないと

 

相手から取り立てる事が出来ません。

 

裁判所に確認しなくてはならない計算と申請とで手間がかかるため、

 

取り立てをやめるケースが多いです。

money_satsutaba

 

 

*裁判費用の例*

 

申し立て費用 20,000万円程度 収入印紙 13,000円
郵便切手 6,000円

弁護士費用 80万円程度
(着手金20~40万+報奨金20~50万)

調査会社費用 30~100万程度

 

*裁判は平日行われる為、パートなどの勤務は減収分を考えておくこと。

 




Pagetop