【離婚で夫を断捨離した主婦のリアルブログ】子連れ、貯金なし主婦がリアルで体験した離婚の真相を激白!お掃除と断捨離が得意な主婦が、夫婦関係の断捨離を決断しました。離婚の裏側をセキララ公開中です!


  • 養育費

離婚って素っ裸になるのと同じ!

離婚って素っ裸になるのと同じ!

 

専業主婦にとって離婚をするということは、

 

すべてが無くなるという事に等しいと思います。

 

money_kinketsu_woman煩わしい束縛も無いかわりに

 

夫の給料で成り立っていた生活すべてを失うのです。

 

家、車、カード、そしてお金も。

 

夫の信用、夫の稼ぎで手にしていた物ばかりです。

 

離婚後は、なんにもない素っ裸💦同然でしかありません。

 

何が支えなのか?といえば「養育費」です。

 

離婚に向けてまっしぐらの中でも、

 

目が回るような忙しい毎日を送っていたので、

 

夫と向き合ってじっくり話す暇もなかったように思います。

 

長女の受験と受験後の家探しと引越しを済ませ、

 

さらに自宅の売却も加わった中で、

 

家事の合間の5分10分、夫の部屋の入口に立って条件交渉をしました。

 

私は夫に養育費の「算定表」を見て欲しいと言いました。

 

養育費が↓↓↓簡単な表になっています。

[東京家庭裁判所養育費算定表]

 

この算定表を見ると簡単に、どのくらいの養育費が一般的なのか判るのです。

 

この表が「1円も渡したくない」と私に言った夫を、説得してくれたのだと思います。

 

こども一人の場合(15歳~19歳)

年収500万とすると養育費6~8万

年収1000万とすると養育費12~14万円

年収2000万とすると養育費26~28万円

 

このような!一般的な!みんなが払っている!表を見ると、

 

自分だけが非常識な事も出来ない。」そう思うハズ!!!

 

経済的観念がどんなにすっとんでいても、現実的な金額が解ります。

 

夫の年収から導き出すこの表の養育費は、

 

夫が想像していた以上に高額だったかもしれません。

 

表よりずっと少ない金額を妻に渡す…というのもどうしたものか?と、

 

夫のプライドを刺激したに違いありません!!!

 

私の場合は、算定表どおりとは行きませんでした。

 

ですが、それ相応の額に落ち着く事には役立ちました。

 

夫が提示した額は、

 

「生活していける」そう思える金額でした。

 

家にお金がないという事は、

 

今まで財務担当だった私が一番知っています。

 

スポンサードリンク

 

夫には貯金がない代わりに借金がありましたし、

 

加えて、私から離婚を言いだした経緯、

 

「多くはいらない。普通で良い。」と離婚を望んだ事も忘れていません。

 

算定表は参考にした程度ですが、無言のプレッシャーを夫に与え

 

大きな力になってくれたと思います。




Pagetop