【離婚で夫を断捨離した主婦のリアルブログ】子連れ、貯金なし主婦がリアルで体験した離婚の真相を激白!お掃除と断捨離が得意な主婦が、夫婦関係の断捨離を決断しました。離婚の裏側をセキララ公開中です!


  • 財産分与

離婚夫婦のローン付き不動産をどうする?

離婚夫婦のローン付き不動産をどうする?

 

ローンが残っている場合は複雑です。スッキリサッパリとは行きません!

komatta_woman

 

不動産の時価(評価時の取引実勢価格)から、

 

残っているローン残高を引いた額が一般的です。

 

たとえば時価3000万円のマンションで、

 

ローンが1000万円残っている場合、

 

3000万から1000万円引いた2000万円が分与の対象となります。

 

また、評価時期までに返済した元金充当分を対象とする考え方もあります。

 

この考え方ですと、

 

時価3000万のマンションで、

 

離婚までに返済したローンのうち元金充当額が2000万円であれば、

 

この2000万円が分与の対象になります。

 

不動産の名義、ローンの名義、ローンの残高、不動産の時価によって違ってきますが、

 

所有権を取得した側がローンの返済をします。

 

分与の割合が2分の1づつであれば取得する側は、

 

money_satsutaba2相手に現金などで1000万円を支払う事になります。

 

売却してから経費などをひいた売却益を分ける方法の他に、

 

場合によっては、

 

所有権を取得しなかった側がローンの返済をする場合も考えられます。

 

取得する側が、ローンの名義人でなければ名義変更をしなくてはなりません。

 

変更には金融機関などの債権者の承諾が必要であり、

 

支払能力がなければ変更は難しいでしょう。

 

不動産を売却して清算する場合は、

 

不動産の時価よりもローン残高が上回っていれば、売却しても債務が残ることになります。

 

例えばマンションの時価が1500万円で、

 

ローン残高が2000万であれば、売却後も500万の債務が残ります。

 

この債務についても分与の対象とすることもあります。

 

取得しなかった側がローンを支払う場合、

 

たとえば、妻に不動産の名義を変更し、

 

ローン名義人である夫が離婚後ローンを支払続ける…

 

という形も場合によっては考えられます。

 

ただし離婚後、きちんとローンが支払われるか不安が残ります。

 

支払われなくなった場合、

 

取り決めを公正証書にしてあれば、強制執行の手段もあります。

 

ただし、差し押さえる財産すら相手になければ、支払ってもらえません。




Pagetop